~神戸限定☆評判の二重手術クリニックを厳選して紹介~

ルネッサンス美容外科

このページでは、三宮にあるルネッサンス美容外科の整形手術の評判を紹介しています。

ルネッサンス美容外科のHP画像 おすすめの治療法 VOGUE法420,000円~
従来の切開法とは異なる観点から考案された切開法です。解剖学的見地から自然で美しい二重まぶたをいかに再現できるかを考慮して、不必要な組織を除去しつつ、自然さを維持するために必要な組織は温存するという方法を採っています。組織を無理に除去する必要がないため、従来の切開法と比べて腫れが非常に少ないことも特徴となっています。
おすすめポイント

・解剖学的見地から考え出された、無駄なく有効な施術法。

・二重のラインの引き込み具合は自由に調節することが可能。

・除去する部分が必要最低限なので、腫れが非常に少ないです。

切開法では満足できない人に

独自の施術をウリにする、ルネッサンス美容外科が最も得意とする治療法としてまず、「RMT法(ルネッサンス式挙筋埋没法)」が挙げられます。埋没法はあくまでも簡易的、暫定的に二重まぶたを形成する手段であって、その人のまぶたの形態によっては早く消えてしまうこともあるそうですが、形が適応しているようであれば初めて二重まぶたにチャレンジしようとする人にとっては良い方法といえるでしょう。極めて細い外科用縫合糸を使うことによって、二重まぶたにする方法で、個人差はありますが腫れが少ないことが特徴です。適応しない場合としては、もともと腫れぼったいまぶたの人や、広い二重の幅を希望する場合、または既に何度も埋没法を繰り返している場合などがあって、こういったケースに当てはまる方には「VOGUE法(切開法)」が適しているとのことです。VOGUE法は従来の切開法の概念と異なる視点から考案された切開法で、従来の切開法は長期の安定性を確保するためいかにまぶたの中の組織を除去するかということを主眼としていましたが、そのため独特の「切開法らしい」目もとになることがありました。それはつまり、本来あるべき組織まで除去してしまったことが原因で、仕上がりを自然にするためには、本来の二重まぶたの解剖学的構造をいかに正確に再現するかどうかが鍵となります。そこでVOGUE法では、美しいまぶたを形成する際に不必要な組織を除去しつつ、自然さを維持するために必要な組織は温存する方法を採りました。さらに、本来の二重まぶたの構造に存在する皮膚と上眼瞼挙筋とをつなぐ部分を自家組織で形成することで再現。これにより、二重のラインの部分の引き込み具合も術中に調節することができます。組織を無理に除去する必要がないため、従来の切開法と比べて腫れが非常に少ないことも特徴です(もちろん個人差はありますが…)。他院での切開法の術後にラインの引き込みが強すぎたり、目を閉じるとライン周辺が陥没してしまうといったような場合の修正にも応用できるという利点があります。

ルネッサンス美容外科の口コミ情報

ずっと念願だった二重のプチ整形。学校が休みに入った時に、ルネッサンス美容外科で予約を取って、母と一緒に行きました。カウンセリングでは先生や看護師さんもすごく話やすく、母も賛成してくれたので手術を受けることに…。正直不安でしたけど、あっという間に終わって痛みも感じませんでした。学生割引をしてもらったのもラッキーでした!

RMT法を受けました。手術が始まると、たまにチクッとする時はありましたが、全然痛くなかったです。終わって鏡を見たときも、少し腫れているくらい。帰りに受付でいただいて痛み止め3回分も、1回分余りました。

いきなり予約するのは不安だったので、最初にメール相談をしてみたんです。返信の内容がすごく親身で、その後電話で問い合わせをした時にも、私の名前と、メール相談をしたことを覚えていてくれました!こんなスタッフさんがいるのなら安心と、さっそくカウンセリングに行きました。

もともと他院でプチ整形をしていましたが、思いきってルネッサンス美容外科でVOGUE法を受けることに。さすがに切開法となると緊張でした、二重の幅も先生が慎重に決めてくれたので、希望通りの二重になりました。私なりに大満足しています。

VOGUE法を受けてから今日で8日目。腫れは3日目くらいまでで、それ以降は赤みだけです。赤みもコンシラーで隠れます。VOGUE法は腫れが少ないと評判を聞いていましたが、本当に埋没法程度の腫れでびっくりしました。

>>他のクリニックの情報も見る<<

 
HOME » 兵庫の美容整形外科一覧 » ルネッサンス美容外科
必見!二重手術病院ガイド~神戸編