~神戸限定☆評判の二重手術クリニックを厳選して紹介~

治療法で選ぶ

このページでは、兵庫エリアで整形手術の治療技術力が高いクリニックを選んで紹介しています。

アーティスクリニック

アーティスクリニックのHP画像 安全性 持続性 仕上がり
アーティスクリニック独自の最新二重手術であるLS法は、「瞼板」というまぶたの中に入っている軟骨のような場所にかける一般的な埋没法とは異なり、「眼瞼挙筋」というまぶたを持ち上げる筋肉に糸をかけるもの。もともと二重の人も「眼瞼挙筋」でまぶたを持ち上げているので、LS法は自然な二重まぶたの状態を手術により作り出す方法といえます。手術した後のラインが長持ちする、結膜の変形などの手術の痕跡がほとんど残らない、手術の際の腫れも埋没法の1/3程度と、自然であることから得られる利点はたくさんあります。現時点で二重手術の最高レベルに達しているといっても、言い過ぎではないような気がします。

>>アーティスクリニックの治療法の詳細はこちら

ルネッサンス美容外科

ルネッサンス美容外科のHP画像 安全性 持続性 仕上がり
こちらのクリニックで「売り」となっている治療法は「RMT法(ルネッサンス式挙筋埋没法)」と「VOGUE法(切開法)」。「RMT法」のどこが「ルネッサンス式」かというと、本来の二重に近い構造を糸により作り出すことができるということ。「VOGUE法」もまた従来の切開法の概念と異なる視点から生み出されたもので、従来の切開法ではいかにまぶたの中の組織を除去するか?ということを主眼においていたために本来あるべき組織まで切除してしまっていたところを、VOGUE法では美しいまぶたを形成する際に不必要な組織を除去しつつ、自然さを維持するために必要な組織は温存しているとのこと。術後にいかにも「切開法らしい」目元になることもあまりないようです。

>>ルネッサンス美容外科の治療法の詳細はこちら

神戸中央クリニック

神戸中央クリニックのHP画像 安全性 持続性 仕上がり
メスを使わない安全な手術法として人気が高いのが埋没法。埋没法はまぶたを糸で留めるものですが、こちらのクリニックでは留める場所の数によっていくつかの種類に分かれています。最も手頃なのがまぶたを希望するライン上にある2か所を細い糸で固定する「プレミアムクイック」。この他、留める箇所が3か所になった「プレミアムスリー」、4点を留める「プレミアムフォー」などがあります。まぶたの皮膚の厚さや脂肪の量などは人それぞれですが、それに合わせてコースが選択できるという点で優れているシステムだといえます。

>>神戸中央クリニックの治療法の詳細はこちら

>>総合評価で選ぶ整形外科ベスト5<<

 
必見!二重手術病院ガイド~神戸編